お客さんへ提示するのか迷う時がおありかと思います

クレジットを店舗において決済する際何度も体験したことがあるのではと察しますが店頭の人が不慣れなためにどの明細をお客さんへ提示するのか迷う時がおありかと思います。

といいますのも、クレジットカードを機械に通すと専用端末3枚1組の利用明細というものが印刷されるからでして、このうちのどのレシートをカード利用者の方に渡すべきなのかわからないという話です。

複数の利用明細の意味》これまで述べた数枚の明細の意味とは?ということについてまとめると下記の通りです。

1客へ保管して頂く使用レシート。

2店舗控え使用明細。

3カード会社控え用の利用明細(記名するレシート)。

普通であれば客の方に渡さなければいけない使用レシートをもらうはずなのですが、時として、お店の控え紙の方を利用者に見間違えて渡すようなケースであったり署名した明細を渡してしまうなんていうパターンすらあるのです。

このようなケースはバイトの従業員に対してや普段からクレジットが使われることの少ない店の会計にてクレカを利用する際店舗スタッフの心の乱れというものが拝見することが出来るのではないでしょうか。

万が一店舗従業員が間違った利用レシートというものを渡してきた場合には怒らずに「これじゃありませんよ」と一言教育して上げて欲しい。

Link

Copyright © 1996 www.icanact.org All Rights Reserved.